カンボジア移住アラサーOL・ユカリが、おすすめ旅行先を紹介するブログ

カンボジア移住アラサーOL・ユカリが、おすすめ旅行先を紹介するブログ。

旅行に最適なシーズンは?服装はどうする?カンボジアの気候・服装を在住者がまとめてみた!

こんにちは!カンボジア移住アラサーOL・ユカリです。

今回はカンボジア旅行で何かと気になる天候と服装についてまとめてみたいと思います。

カンボジアの気候は「乾季」「雨季」の2つ

まず、カンボジアの気候について簡単にご説明します。カンボジアには四季はなく、「乾季」「雨季」の2つのシーズンがあります。

  • 雨季...5月〜10月下旬あたりまで。1日に何回かスコールが降る。梅雨とは違って1日中雨が降ることはほぼなく、雨が降らない時間は晴れ or 曇り。比較的午前中は雨が降りにくく、夕方にスコールがくることが多いです。湿気が高くむしむしした感じ。
  • 乾季...11月〜4月下旬あたりまで。ほとんど雨が降ることがなく、数日間ずっと晴れていることも。特に4月がもっとも暑く、40℃あたりまで気温が上昇。11月〜12月あたりは涼しく、20℃くらいで日本の秋のような気候に。

 ベストシーズンは一体いつ?

f:id:cambodia-trip:20180918164237j:plain

観光にもってこいのシーズンはやっぱり「乾季」。雨が少ない乾季は、アンコールワットの朝日・夕日鑑賞にもぴったり。雲が少なく、朝日や夕日がとってもよく綺麗に見えます。雨のことを気にしなくてもいいので、旅行の予定も立てやすいですよね。暑いのが得意な方は2~4月、暑いのが苦手な方は11月〜12月あたりがオススメです!

雨季は観光に適さない?わけじゃない!

雨季でも旅行は楽しめる!

f:id:cambodia-trip:20180918164336j:plain

雨季は曇っていることが多いので、朝日・夕日鑑賞やプリアヴィヒアの景色などはやっぱり乾季の方が綺麗に見えます。でも、雨季も雨が1日中降り続くことはないので、遺跡観光もバッチリ楽しめます。特に雨季におすすめなスポットは「ベンメリア」。雨で苔がとっても綺麗な緑色になり、あるで天空の城ラピュタのような景色が楽しめます。また、雨季はローシーズンなので、ホテルのお値段が安かったり、スパなどでプロモーションがあったりと、お得に過ごせちゃうこともしばしば。

ただし、シアヌークビルは例外...

f:id:cambodia-trip:20180918164412j:plain

雨季でも観光は楽しめる...とは言ってもカンボジアのビーチリゾート地「シアヌークビル」は例外。日本の梅雨のように1日中雨が降り続くことが多く、せっかくの海が楽しめなくなってしまうことも。私も実際7月にシアヌークビルに行ったのですが、1日中小雨が降り続き、あんまり海を楽しめませんでした...

旅行時の服装はどうしたらいいの? 

カンボジアは基本的に日本の初夏〜真夏日くらいの気温になることが多いので、基本的に半袖・半ズボン、もしくは薄手のスカートで大丈夫。スニーカー・サンダルは欠かせません!シェムリアップの遺跡観光では歩くことが多いので、スニーカーがおすすめ。ちょっとしたお出かけにはサンダルがあると重宝します。

ホテルにプールがある場合は、水着の用意もお忘れなく。晴れた日に入るプールは本当に最高です!

また、カンボジアは、日差しが強いので、夏用のカーディガンや帽子、日傘もあるとGood。カンボジア人は暑い日でも日焼けしないよう長袖・長ズボンをきています笑 日焼け止めもお忘れなく!カンボジアでも薬局で売っていますが少し高めなので、日本から持ってくると良いと思います。

11月〜12月は涼しい気候になるので、日本の秋くらいの格好をイメージしてください。薄手の長袖があると重宝しそうです。

現地でも服やサンダルは調達可能!

もちろん準備をするに越したことはありませんが、現地(特にプノンペンシェムリアップなどの街では)でもサンダルやスカートなどは調達可能です。意外となんでも揃っているカンボジア。特に不安がらず、思いっきり旅行を楽しんでくださいね☆

シェムリアップのお洒落穴場カフェ「pages cafe」:可愛さあふれる空間で至福のひとときを

こんにちは!カンボジア移住アラサーOL・ユカリです。

今回はおすすめのお洒落穴場カフェ「pages cafe」のご紹介です。

ツウな人は知っている?「pages cafe」

f:id:cambodia-trip:20180916194802j:plain

お洒落カフェの宝庫・シェムリアップ。休日のカフェ巡りが趣味な私にとって、最高の街です。私は休みになるたびに街中のカフェに繰り出しており、「もう結構いろんなカフェに行ったな〜」と思っていた矢先。たまたま職場の先輩とカフェの話になり、「pages cafe行った?めちゃくちゃおすすめだよ〜」との情報をゲット。「pages cafe行ったことない...これは行かなきゃ!(使命感)」と早速休日に行ってきました。シェムリアップのカフェは奥が深い...

Pages room(デザイナーズホステル)に併設されたカフェ

pages cafeはpages roomというデザイナーズホステルに併設されたカフェです。

www.pages-siemreap.com

詳しくは上記のウェブサイトからどうぞ。pages roomにはお部屋やプールだけでなく、図書室やオフィススペースなども設けられているそう。暮らすように旅できるホテルです。一度泊まってみたいな〜

また、pagesをデザインしているのは「Asma Architects」というフランス人とカンボジア人を中心としたデザイナー集団。プノンペン空港のVIPラウンジやホテルなどなどカンボジアを中心にさまざまな建築デザインを手がけているそう。だからとってもモダンでお洒落な空間になっているんですね。

ちなみに場所はこちら。

VIROTH HOTELの目の前にあります。オールドマーケットからはそう遠くはありませんが、ちょっと目立たない場所にあります。それもまた穴場な所以かも。

実際に行ってみた!

可愛い空間に大興奮!

f:id:cambodia-trip:20180916194936j:plain

よく晴れた休日。pages cafeの前に着くと、緑に囲まれた一軒家風の建物が目に入ります。「あれ、ここカフェ?」と思いつつも、中へ入っていくと、開放的で可愛さ溢れる空間が目の前に広がってきました。

f:id:cambodia-trip:20180916195025j:plain

ソファのカラフルなのに落ち着いた色味や床のタイル、そして壁やファンの無機質な感じがなんとも絶妙にマッチして最高に素敵!「なんだこの超絶可愛い空間は...」と大興奮しつつ、店員さんに声をかけられ、端の席に座ります。

平日昼間はお客さん少なく穴場な雰囲気

平日の昼すぎ(確か14時半くらい)に行ったのですが、私以外誰もお客さんがおらず、貸切状態!一人でのんびり贅沢な時間を過ごせました。ランチタイムとか、ディナータイムにはもっと混むそうです。

「pages cafe」の営業時間は6:30~21:30。夕方には閉まってしまうカフェもあるので、朝から夜までやっているのもポイントが高い!

人気メニューは「カレーヌードル」や「バゲット

メニューはこちらからも見られます。洋風なメニューもアジアンなメニューもあるpages cafe。「どれにしようか...」とついつい悩んでしまいます。

店員さんによると、人気メニューは「Chicken curry noodle」($3.5)や「Fried rice」($3.0)、そして「Mayo egg baguette」($4.0)。今回はパンが食べたい気分だったので「Mayo egg baguette」($4.0) をいただくことにしました。カンボジアはフランス植民地時代の名残か、パンがとっても美味しいのも特徴です。

f:id:cambodia-trip:20180916210619j:plain

「Mayo egg baguette」は、マヨネーズの主張が控えめであっさりとしたフランスパンの風味とよく合います。

イカジュースも可愛い!

日本ではあまり見かけませんが、カンボジアのレストランやカフェにはよくスイカのジュースが置いてあります。私はスイカジュースが大好きなので、早速注文。

f:id:cambodia-trip:20180916210540j:plain

ミニサイズのスイカもついてきて、とっても可愛い。環境に配慮した鉄のストローなのも素敵です。

もちもちしたチョコレートロールが絶品

デザートには「Chocolate roll with icecream」($3)をチョイス。

f:id:cambodia-trip:20180916210704j:plain

パリパリとした生地の中にはチョコとおもちが入っています。

f:id:cambodia-trip:20180916210741j:plain

チョコの控えめな甘さともちもちした食感がとっても美味しい。添えてあるバニラアイスをつけて食べるのもまた最高です。 

食後のティータイムはラテで 

食後にはLatte($1.75)を注文。苦味があるのに後味がすっきりしていてこちらも美味しい。

f:id:cambodia-trip:20180916210813j:plain

pages cafeはカフェドリンクがかなり充実していて、ワインやカクテルなどお酒も飲めます。

f:id:cambodia-trip:20180916210843j:plain

毎日5時〜7時はハッピーアワーでボトルワインが半額になるみたいです!ワイン好きな皆様には朗報ですね。

作業にも、お食事にも

ノマドの作業にも、ちょっとしたランチやディナーにも使いやすいお洒落カフェ「pages cafe」。シェムリアップ観光で時間がある際に、是非行ってみてください!

ブログランキングに参加しています。よろしければクリックお願いいたします〜

にほんブログ村 旅行ブログ カンボジア旅行へ
にほんブログ村

シェムリアップ最大のショッピングモールに!店舗続々オープン中の「The Heritage Walk」に行ってみた

こんにちは!カンボジア移住アラサーOLのユカリです。

今回は今年オープンの新しいショッピングモール「The Heritage Walk」をご紹介します

 シェムリアップに現れた新星モール「The Heritage Walk」

f:id:cambodia-trip:20180913225924j:plain

「The Heritage Walk」は今年シェムリアップにオープンしたショッピングモール。イオンモールが進出したプノンペンとは異なり、シェムリアップにあるのは日本でいう「小さなデパート」くらいの規模のモールでした。

新しくできた「The Heritage Walk」は建物の規模がシェムリアップ最大。カンボジアの新たなショッピングスポットの出現は、旅行客だけでなくカンボジアの若者たちの注目を集めてきました。

オープンしたけど、まだまだ工事中!?

昨年のKhmer Timesによると2018年4月にはオープン予定、とのことでしたが、工事は遅れに遅れ、現在でも半分程度は未完成(カンボジアあるある?)。そしてそんな状態でも完成したお店から続々オープンが続いています(これもカンボジアあるある?)。最初は「え?工事中なのに開けちゃうの!?」と思いましたが、そんなところもカンボジアの愛すべきところの一つ(なのか?)。工事中でも、新しいもの好きなカンボジア人と旅行客で賑わっています。

f:id:cambodia-trip:20180913230158j:plain

工事用具も堂々と置かれています笑

実際に行ってみた!

カンボジア人と同じくらい新しいもの好きでミーハーな私。早速行ってみました。

デカイ!広い!綺麗!

f:id:cambodia-trip:20180913230401j:plain

「The Heritage Walk」に着くと、「広い!」とつい声がでてしまいました。モールは中央部分が広場のようになっていて、周囲をショップが取り囲む形でできています。もちろんイオンモールほどの広さはないのですが、シェムリアップの中で見たら最高に広くて綺麗なショッピングモールがそこにありました。

さらにオープンエアなのも特徴的。風通しが良く、開放的なショッピングモールです。

シェムリアップに来てから久しく乗っていなかったエレベーターも発見!

f:id:cambodia-trip:20180913230524j:plain

映画館「Legacy Cinema」は本日オープン!記念無料上映で長蛇の列

ちょうど今日9月13日にオープンした「Legacy Cinema」。その際にオープン記念の無料上映があると先輩に教えてもらった私。たまたま仕事が休みだったので、どんな感じか見に行ってみました。

オープンの2時間前に行ってたのですがそれでもこんな長蛇の列が!!

f:id:cambodia-trip:20180913230620j:plain

しばらく並んでみたのですが、人が多すぎてこれは待ちきれないな〜と思い離脱。オープン時間に再度行ってみると、凄まじい人の列ができていました。

映画館の扉が開いた時にはみんなで盛り上がり、なんだか学園祭みたいな感じに笑

映画館の中はまた今度見に行った時にレポートしようと思います!

シェムリアップ市街地初のスターバックスもオープン

f:id:cambodia-trip:20180913231533j:plain

「The Heritage Walk」にはシェムリアップの市街地で初めてオープンしたスターバックスもあります(これまでは空港にのみありました)。私はシェムリアップに来てまだ日が浅い方なのですが、それでも「ついにスタバが...!」と感慨深く感じたものです。

平日のお昼すぎに様子を見に行ってみましたが、店内は欧米人、日本人、カンボジア人で賑わっていました。メニューは日本と同じものが置いてあります。価格も日本とほぼ変わらないかな。

カンボジアの若者に大人気!「KOI cafe」

f:id:cambodia-trip:20180913231651j:plain

「The Heritage Walk」にはスタバをはじめいくつかカフェが入っていますが、中でも特に人気なのは「KOI cafe」。カンボジアの若者たちで常に店内は満席状態。どうしてそんなにそんなに人気なの?これはいくしかない!と、私も試して見ました。

KOI cafeで注文時にまず驚いたのは甘さが選べること。0,25,50,70,100,120%が選べます。

f:id:cambodia-trip:20180913231847j:plain

カンボジアでは飲み物がかなり甘いことが多く、私にとっては「ちょっと甘くてきついな〜」となることもままあるのですが、KOI cafeは最初に甘さが選べて嬉しい。

さらに驚いたのは受け取り方法。こんな感じ↓の電子版に、自分のレシートに書いてある番号が出てきます。カフェでは初めて見た!

f:id:cambodia-trip:20180913231957j:plain

店内もとにかく新しく綺麗で人気が出そうな雰囲気がバンバンしました。

私は「Honey milk tea」 ($1.8)にゼリーをトッピング($2.2)。他にはタピオカなどもトッピングできます。甘さは50%にしましたが、甘すぎずちょうどいい感じ。

f:id:cambodia-trip:20180913232149j:plain

店内は若者で混み合います。

f:id:cambodia-trip:20180913232242j:plain

個人的にお気に入りな本屋さん「Monument Books」

f:id:cambodia-trip:20180913232341j:plain

こちらに来てから久しく本屋さんに行っていなかったのですが、The Heritage Walkで発見したので行ってみました。店内はとても静かで、優しそうな店員さんが接客してくれます。私が行った時はお客さんがおらず、店内をゆっくり見て回ることができました。

カンボジア、東南アジアの洋書コーナーがとっても豊富なのが特徴的。

f:id:cambodia-trip:20180913232423j:plain

他にも有名な作家さんの本が多々おいてあります。普段は全く英語の本を読まないのですが、なんだかテンションが上がって、村上春樹ノルウェイの森』の翻訳版を見つけたのでお買い上げ。勢いは怖いですね。頑張って読みきろうと思います...笑

他にもカンボジアでよく見るお店が続々オープン済み

食事系だと、「Cafe Amazon」やベーカリーの「TOUS les JOURS」、「The PIZZA campany」、そして日本食レストラン「HASHI」などなどシェムリアップでもよく見るお店がオープン済み。他にも「ドミノピザ」や「ロッテリア」などがこれからオープンするみたい。

他にも、「メイソウ」や携帯ショップなどなどオープン済み。必要なものは「The Heritage Walk」に行けば揃いそうな感じです。

カンボジアの電子決済「Pi Pay」を使うとお得に!

「The Heritage Walk」は電子決済の「Pi Pay」ともつながりがある?ようで、「Pi Pay」のカウンターがいくつか設置してありました。さらに「Pi Pay」で支払うと割引しているお店もいくつか発見。「Pi Pay」を使うとお得にお買い物できそうです!

未完成でも十分楽しめる!

未完成でも十分楽しめる「The Heritage Walk」。全て完成するのが楽しみです。シェムリアップにお越しの際は、ショッピングがてらふらっと立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

ブログランキング参加中です。よろしければクリックお願いいたします!

にほんブログ村 旅行ブログ カンボジア旅行へ
にほんブログ村

まるで学校?温かいホスピタリティとお洒落なカンボジア料理を楽しめるレストラン「Spoons」

こんにちは!カンボジア移住アラサーOL・ユカリです。

今日は私のおすすめレストラン「Spoons」のご紹介です。

先生と生徒がいるレストラン!?

「Spoons」の最も大きな特徴は「先生」と「生徒」がいること。一体どういうこと?と思われるかもしれませんが、SpoonsはNGO・EGBOKが運営するレストラン。EGBOKではカンボジアの若者に向け、ホスピタリティを中心に職業訓練などを行なっているNGO団体です。SpoonsではEGBOKでトレーニングを受けている訓練生(いわば生徒!)が働いています。そんな「生徒」の店員さんたちを指導しているのはボランティアとしてEGBOKに参加している「先生」たち。レストランにいながら、学校の中にいるかのような面白い体験ができるお店なんです!

EGBOKの詳しい活動についてはこちらからどうぞ。

実際に行ってみた!

オンラインで気軽に予約できるのが便利

Spoonsはオンラインでの予約が可能です。こちらのページからどうぞ。電話予約だと少し緊張してしまうけど、オンラインで気軽に予約できると便利ですよね。オンライン予約ののち、メールで返信をもらえます。忙しい日は満席になることもあるそうなので、予約してからの来店がベターです。メニューもウェブサイト上から見られるので事前に確認してから行ってもいいかも!

ちなみに場所はこちら。オールドマーケットから少し離れた、トゥクトゥクで5分ほどの場所にあります。

お店に着くと...竹を使った伝統的でモダンな空間が!

今回はディナーでお邪魔しました。ランチとディナーのメニューは同じとのことなので、ランチでもディナーでも同じ料理が楽しめます!

Spoonsの入り口にたどり着き、ひとたび足を踏み入れると、そこには生い茂る緑の木々とぼんやりとした光に包まれたお洒落なレストランが。

f:id:cambodia-trip:20180912122904j:plain

建物は竹によって作られた開放的な空間。

 

環境に優しい竹を使った建築にすることで、カンボジアの環境問題に寄与したいとの願いが込められているそう。カンボジアでは90年代以降違法伐採が進み、高い森林伐採率が問題となってきました。お洒落かつこだわりを感じるレストランでとっても素敵です。

店員さんは、テキパキ働いていたり、少しシャイだったり...

f:id:cambodia-trip:20180912123252j:plain

お店に着くと、店員さんが明るく迎え入れてくれます。席に座ると、トングを使って冷たいおしぼりを私に手渡してくれます。流暢な英語でメニューの説明をしてくれたり、時折声をかけてくれたり。張り切って働いている様が伝わります。温かいホスピタリティに感激。店員さんによっては、私が質問をするとちょっと困ったようにはにかんで笑って別の店員さんを連れてきれくれることもあり、そのシャイさが可愛らしいなと微笑ましく眺めていました笑

注文を済ませると...「先生」が登場!

注文を済ませて席で待っていると、一人の欧米人男性が話しかけてくれました。彼こそが、Spoonsの「先生」の一人。フランスからシェムリアップにやってきて、ボランティアとしてEGBOKで働いているそう。EGBOKの活動内容などもとっても丁寧に話してくれる優しい先生。店頭に立ち、店員さんが客席に行って戻ってくるたびにあれこれと指導しながら、お店を回していました。

前菜で頼んだのは「たこ焼き」?

f:id:cambodia-trip:20180912123335j:plain

NumKrok($4)

NumKrokと言うカンボジアの伝統料理。見た目はまるでたこ焼きのよう。先ほどの「先生」から「日本人はよく頼むよ。たこ焼きみたいでしょ(笑)」と言われました。おっしゃる通り。

お米を使ったケーキのような感じで、ココナッツミルクをかけていただきます。もちもちとした直感と、ココナッツミルクの甘さが合って美味しい!

f:id:cambodia-trip:20180912123415j:plain

飲み物は酸っぱくてミントの風味爽やかなPassion fruit&mint soda($2.75)をチョイス。

さっぱりとした鶏肉料理をメインで

f:id:cambodia-trip:20180912123606j:plain

メインはCoconut Chiken($8)をいただきました。カレー風味のソースがさっぱりした鶏肉の風味と絶妙にマッチ。一緒についてくるご飯が進むお味です。付け合わせのお野菜も新鮮で美味しい〜

他にも興味のある料理がたくさんありましたが、2品で結構お腹いっぱいになってしまい断念...。カンボジアの伝統料理なのに、どこか新しくお洒落な料理に仕上がっているのがとっても魅力的です。もしまた行く機会があったら追加でご紹介しますね。

旅のディナーは「Spoons」で!

温かいホスピタリティに溢れ、細部までこだわりがたくさん詰まった素敵なレストラン「Spoons」。シェムリアップのご旅行中、是非訪れてみてはいかがでしょうか?

ブログランキング参加中です。よければクリックお願いします!

 

にほんブログ村 旅行ブログ カンボジア旅行へ
にほんブログ村

オールドマーケットとセットで!川沿いのお洒落カフェ「sister srey cafe」

こんにちは!カンボジア移住アラサーOLのユカリです。

今回は私のおすすめお洒落カフェ「sister srey cafe」のご紹介をします。

お洒落カフェが続々誕生するシェムリアップ

以前の記事でもご紹介しましたが、シェムリアップはカフェ激選区。

www.fun-travel.jp

お洒落なカフェが続々と登場しています。街を歩いていると、「え!こんなところに新しいお洒落なカフェが!」ということもしばしば。そんなシェムリアップの中でも、私のお気に入りのお店の一つが、今回ご紹介する「sister srey cafe」。

オールドマーケットすぐ近くのお洒落空間

sister srey cafeの魅力の一つは、その立地。オールドマーケットから徒歩2分ほどの場所にあり、欧米人を中心に観光客や在住者で賑わっています。オールドマーケット観光に疲れたら、ぜひふらっと立ち寄って欲しいカフェです。

f:id:cambodia-trip:20180911163236j:plain

朝食、ランチ、ティータイムに合うメニューが取り揃えられており、いつの時間に行ってもぴったりなのもGood。オールドマーケット観光の時間に合わせた使い方ができるのもまた魅力的です!

実際に行ってみた!

ランチは常に満席!朝方がおすすめの時間帯

f:id:cambodia-trip:20180911163426j:plain

オープンエアで開放的な空間が広がる店内は、欧米人を中心にたくさんのお客さんで賑わいます。私はランチ時に行ったので、店内はほぼ満席。店員さんによると、ランチ時はかなり混むようなので、朝10時までの時間が狙い目みたい。ホテルの朝食に飽きたら、siser srey cafeでコーヒーと朝ごはんを食べてみてはいかがでしょうか?

新感覚!「マンゴーチキンハンバーガー」 

席につくとメニューが。ドリンクのメニューは絵本みたいになっていてとっても可愛い!

f:id:cambodia-trip:20180911164209j:plain

f:id:cambodia-trip:20180911164239j:plain

洋風なメニューが多いsister srey cafe。お腹ぺこぺこで行った私はがっつりランチが食べたいなと思いメニューを見ていると..「マンゴーチキンハンバーガ」なるものを発見!マンゴーとハンバーグ?それって美味しいの?と思いつつ、新しいもの好きな私は迷わずこちらを選択。ワクワクしながら待っていると...

f:id:cambodia-trip:20180911163659j:plain

SUMMER MANGO HANBERGER($6)

きました。マンゴーハンバーガー。その名の通り、お肉とオレンジのマンゴーの果実がパンにサンドされています。一口食べて..「これ美味しい!」とびっくり。お肉のしょっぱさとマンゴーの甘さが絶妙に合う不思議なお味。新感覚なハンバーガーでした。一緒についているポテトもちょうどいい塩加減で美味しい。あっという間に食べきってしまいました。

二階では隠れ家的な雰囲気が楽しめる

一階の右奥にある階段(結構急です笑)を上っていくと、一階とはうって変わって隠れ家っぽい雰囲気の空間が広がります。お店に入る際に店員さんに「二階でもいい?」と伝えれば、二階の席に案内してもらえます。一階より席数は少ないですが、大きなテーブルがあるので、大人数でくるなら二階がオススメです。

本棚もあり、自由に本が読めるようになっています。洋書が多いけど、「地球の歩き方」も発見!笑 観光がてら立ち寄って、こちらでガイドブックを読むのもいいかも。

窓際の席で外を眺めながらゆったりティータイム

私のお気に入りは2階の窓際の席!目の前に流れる川を眺めながらコーヒーをいただくのは最高に贅沢です。カンボジアは暑いけど風通しがとてもいいので、特に雨季の今は日本より涼しく感じることもしばしば。窓際の席で風にあたりながら、本を読みつつコーヒーを飲むのがお休みの日の楽しみになっています。

こちらはLATTE($2.75)。まろやかな味わいで美味しい。

f:id:cambodia-trip:20180911163854j:plain

PASSION FRUIT CHEESE CAKE($3)もナッツとパッションフルーツの酸味がちょうどよく合わさって、絶妙な美味しさ。

f:id:cambodia-trip:20180911163954j:plain

カンボジアの若者たちが学びながら、働けるように」と姉妹が創業

f:id:cambodia-trip:20180911164332j:plain

sister srey cafeを経営しているのは二人の姉妹。sreyはカンボジアで「姉妹」を意味します。でもカンボジアでは、血のつながりがある姉妹だけでなく「自分と年の近い人」にも親しみを込めて「srey」と呼びかけます。カフェを創業した姉妹は、そんな「自分と年の近いカンボジアの若者たちのためになるように」との思いを込めてこの名前をつけたそう。

Sister srey cafeのVisionカンボジアの若者が学業と仕事のバランスが取れるように支援していくこと。「家計を支えるために働く若者たちでも、学業と両立できるように」と、従業員向けのトレーニングや支援を行なっています。シェムリアップにはお洒落なだけじゃなく、背景に思想や信念を感じるお店がたくさんあって、そんなところが私は大好きだなぁと思うのです。

レーニングを経験している従業員の皆さんは英語もペラペラだし、とってもチャーミングで優しいです。2~3回行っただけなのにレジのお兄さんが覚えていてくれたり、メニューで迷っていたら声をかけてくれたり。店員さんの優しさもお店の魅力の一つです。

オールドマーケット観光の際は、ぜひsister srey cafeに立ち寄ってみてください☆

ブログランキング参加中です。クリック宜しくお願いします!

 




にほんブログ村 旅行ブログ カンボジア旅行へ
にほんブログ村

カンボジアの隠れ家スパ「スパクメール」に行って、伝統医療の極上マッサージを受けてみた!

こんにちは!カンボジア移住アラサーOL・ユカリです。

今回はシェムリアップのおすすめスパ「スパクメール」をご紹介します。

スパ激戦区のシェムリアップ

シェムリアップは、安い街スパから高級スパまでたっくさんのスパがひしめきあっているスパ激戦区。少し歩くだけでいろいろなスパを見つけられます。

最高なのは、日本と比べて本当に安い値段で受けられること。私は仕事で疲れるとすぐスパに行ってマッサージを受けます。もう日本には戻れない...笑

遺跡巡りで疲れた後は、ぜひスパに行かれることをお勧めします!

中でも大人気の隠れ家スパ「スパクメール」

カンボジアの伝統医療とハーブが特徴!

スパクメールは、シェムリアップにある隠れ家高級スパ。以前ご紹介した「クルクメール」の姉妹店です。クルクメールのお店と同様にスパもとってもおしゃれなんです。

www.fun-travel.jp

スパクメールの特徴は、カンボジアの伝統医療に基づき、カンボジアのハーブをふんだんに使ったマッサージが受けられること。カンボジアは800種類以上のハーブが育つ、まさに「ハーブ王国」。アンコール王朝の時代から脈々とハーブを使った伝統医療が受け継がれてきました。スパクメールでは、カンボジアのハーブの伝統医療士「クルクメール」の教えをもとにマッサージの技術を一から開発しているそう。

そんなスパクメールのメニューの中でも特徴的なのが、カンボジア伝統のスチームサウナ「チュポン」です。

チュポンとは...カンボジアのハーブを使ったスチームサウナのこと。産後の疲れを癒す、体を温めて新陳代謝をよくする、お肌にハリやツヤを与える...などなど女性にとって嬉しい効果がたくさん。クルクメールの秘伝のレシピを基にしたスパクメールのチュポンは絶対に体験する価値ありです!

お庭やヴィラでリラックス

スパクメールの魅力はマッサージだけにとどまりません。施設も超ステキ。シェムリアップでは珍しく、ヴィラの中で施術を受けられちゃうんです。自分だけの空間でマッサージが受けられるのって、贅沢ですよね。

実際にスパクメールに行ってみた!

シェムリアップにきてから本当にずっと気になっていた「スパクメール」。この度ついに!自分へのご褒美として行ってきました。

まずはメニュー選びから...

f:id:cambodia-trip:20180812130552j:plain

スパクメールにはたくさんのメニューがあります。マッサージ単体のものから、チュポンとお肌のトリートメントがセットになったコースなどなど...。詳しくはこちらからどうぞ。

スタッフさんによると、一番人気のメニューは「トータルビューティプラン」だそう。チュポン・オイルマッサージ・ハーブスクラブ・フェイシャルのマッサージがセットになったコースです。お値段は119ドル(税抜き)。さすがは高級スパですが、日本と比べると半額から3分の1くらいのお値段。かなり安くてお得です!

今回私は「ゴールデンビューティプラン」(149ドル、税抜き)をチョイス。チュポン・オイルマッサージ(首・肩で通常より20分追加)・ハーブスクラブ・フェイシャルのマッサージがセットになった、全身美しくなれるコースです!!仕事を頑張ったご褒美に奮発!

無料のお迎えサービスが嬉しい

f:id:cambodia-trip:20180812130651j:plain

スパクメールには無料のお迎えサービスもあります。オールドマーケットから少し離れたところにあるので、お迎えのトゥクトゥクがあると安心です。そして、お迎えに来てくれたトゥクトゥクは今まで乗った中で最上級に綺麗なトゥクトゥク!!トゥクトゥクのお兄さんの笑顔も素敵でした。

さらにさらに、今は特別キャンペーンをしているようで、帰りも無料で送ってもらえました!スタッフさんによると、8月中(11日〜19日除く)に「Golden beauty プラン」か「1dayリトリート」のコースを予約した人限定でお帰りも無料になるみたい。ラッキー!

スパの中は開放的でリラックスできる空間

f:id:cambodia-trip:20180812130820j:plain

まずスパに入って目に入るのが可愛いライト。ヘチマの輪切りを使って作られているそう。明かりも温かみがあってステキです。

中に入っていくと開放的な空間が広がります。ソファもおしゃれだけど、何よりも目を引くのはお水が張ってある足元。あまりに透明なので、最初はガラスかと思って踏むところでした笑

ウェルカムドリンクはハイビスカスのハーブティ。甘酸っぱくて美味しい。ハイビスカスにはビタミンCがたくさん入っているので、美容にも効果があるそう。

f:id:cambodia-trip:20180812131330p:plain

一人一人に合わせた施術がしてもらえる!

まず、カンボジア人スタッフの方が流暢な日本語でメニューの確認をしてくれます。日本人スタッフさんもいるので、安心!

f:id:cambodia-trip:20180812131444p:plain

メニューの説明の後、体質診断に記入します。なんだか本格的...!この診断結果をもとに、体質に合わせた施術がしてもらえるそう。他のスパでは経験したことがなかったので、ワクワクです。

緑いっぱいなお庭で癒され体験も

レセプションからお庭に一歩足を踏み出すと、そこには非日常的な空間が広がります。お庭はカンボジアのハーブなどなど緑がいっぱいで、最高の癒し空間です。

ヴィラの隠れ家感がたまらない

f:id:cambodia-trip:20180812131544p:plain

お庭の奥へと歩いて行き、ヴィラの前に到着!

f:id:cambodia-trip:20180812131605j:plain

中へ入るとお庭が見え、リラックスできる空間が広がります。まさに隠れ家って感じ!

f:id:cambodia-trip:20180812131634j:plain

ワクワクのマッサージ体験

着替えが終わったら、こちらでチュポンを受けます。

f:id:cambodia-trip:20180812131707j:plain

テントのような形で、中がスチームサウナになっています。ハーブのいい香りが広がって気持ちいい!日本のサウナほど暑くないのに、どんどん汗が出てきます。チュポンの中でひたすらぼーっとした贅沢な時間を過ごし...20分あっという間に経ってしまいました。

出た後はなんだか体がふっと軽くなり、不思議な感覚でした。

お次はマッサージ。セラピストさんたちは日本語で力加減などを聞いてくれるので、安心です。うつ伏せになると水に浮かんだお花が見えたり、私が体勢を変える時に、セラピストさんから見えないようシーツで隠してくれたり。ところどころに細やかで上品なおもてなしを感じ、さすが日本人経営のスパだなあと感動しました。マッサージ自体は正直寝てしまってよく覚えてないですが、すごく気持ち良かったことは確かです!

お次はスクラブのトリートメント。スクラブを全身に塗ってもらった後、ブランケットに包まれる時間があるのですが、この時間が最高に気持ちいいんです!お腹や足がじんわりと温まり、ついうとうとしちゃいました。

その後ヘアパックをしてもらい、シャワーへ。シャワー後にびっくりしたのは、かつてないほどお肌がツルツルになり、髪の毛もツヤツヤになったこと!特に髪の毛はカンボジアに来てからゴワゴワでどうしようもなかったのですが、ヘアパックの後、本当にツヤツヤになりました。スパクメールに来た際は、ヘアパックを是非試してみてください!

最後はフェイシャルのトリートメント。カンボジアのシルクを使ってクレンジングをしてくれるのが特徴です。こちらもついリラックスしてうとうと。首や肩のマッサージが付いているのも嬉しいです。お顔もツルツルになり、大満足でレセプションへ戻ります...。

アフターケアも最高なスパクメール

f:id:cambodia-trip:20180812131730j:plain

まず嬉しかったのはアフタードリンクのマンゴープリン。色味もすっごく可愛い。一緒に出してくれたレモングラスのハーブティもすっきりして飲みやすい。

その後なんと、最初に答えた体質診断の結果ももらえました!

f:id:cambodia-trip:20180812131830p:plain

てっきり回答して終わりだと思っていたので、これは嬉しい。結果の紙には現在の状態やアドバイスが書いてあるのですが、結構当たってる気がする...。オススメのハーブやホームケア方法なども書いてあって参考になります。

最後はお買い物で締める!

 

最後はレセプションに置いてある、大好きなクルクメールの商品を買って終了。今回は自分用にこちらのマッサージジェルを購入しました。なかにはジェルとマッサージ用の木のたねが入っているのが特徴てき。今回は体質診断の結果に合わせてオレンジの香りのものをチョイス!

f:id:cambodia-trip:20180812131854j:plainクルクメールのお店も素敵だけど、スパクメールの方がスペースが広くゆったりしているので、買い物するにはあってるかも。

スパクメールの支払いにはクレジットカード(VISA,Mastercard,JCBなど)が使えるのも便利です。

大満足のスパ体験

初めてのスパクメール体験、とっても最高でした!

自分へのご褒美にまた近いうちに行きたいな〜

シェムリアップに来た際は、ぜひスパクメールに行ってみてください!

ブログランキング参加中です。よろしければクリックお願いします。

 

にほんブログ村 旅行ブログ カンボジア旅行へ
にほんブログ村

【最新】カンボジア在住者による「トゥクトゥクのすすめ」!配車アプリ"PassApp""Grab"の使い方も徹底解説

こんにちは!カンボジア移住アラサーOL・ユカリです。

今日は旅行中に気になる市内間・空港からの移動手段についてお話しします。

カンボジアの移動手段といえば...トゥクトゥク

トゥクトゥクとは?

f:id:cambodia-trip:20180803162311j:plain

カンボジア旅行者の基本的な移動手段といったら「トゥクトゥク」(TukTuk)。東南アジアではよく見る三輪タクシーのことです。インドなどでは「リクシャー」とも呼ばれるそう。東南アジアにきた事がある人なら、一度はみたことがあるはず。

カンボジアにはそこらじゅうにトゥクトゥクの運転手さんがいて、歩いている人なら誰かれかまわず「トゥクトゥク」と声をかけまくっています。

お値段は交渉制なのが特徴

トゥクトゥクはタクシーのようにメーター制ではなく、運転手さんと最初に値段を交渉して値段を決めるのが特徴的。自分の力次第で値切ることもできますが、相場を知っていないとぼったくられることもしばしば。私がシェムリアップに来たばかりの頃は相場を知らず、だいぶ高い値段で乗ってしまっていました...。

交渉は戦い!運転手さんに負けないためのテクニック

運転手さんと対等に交渉するために、まずは相場を知っていないといけません。

シェムリアップトゥクトゥク相場は下記の通り。

市内移動

  • 5〜10分ほどの移動:約1~3ドル
  • 10〜15分ほどの移動:約3~4ドル
  • 15分〜30分ほどの移動:約4~5ドル

市内から空港まではおよそ30分でだいたい約6~8ドルほどかかります。

声をかけてこない運転手さんを狙おう

街を歩いているとそこらじゅうで「トゥクトゥク」と運転手さんが声をかけてくるので、トゥクトゥクを見つけるのに困ることはありません。ですが、積極的に声をかけてくるトゥクトゥクよりも、声をかけてこないトゥクトゥクの方が個人的にはおすすめ。私の経験上なので例外もあるかもしれませんが、車内にハンモックをかけてダラダラスマホをいじっている運転手さんとか、ちょっと声をかけてきてすぐ諦める運転手さんの方が、ぼったくられることが少ないように思います。

初めは安めの値段で聞いてみる

トゥクトゥクの運転手さんは基本的に簡単な英語が話せることが多いので、交渉は英語でOK。交渉ではまずはじめに行きたい場所を伝えます。そのあと最初から相場より安めの値段で「1doller, OK?」と聞いてみましょう。だいたい「No,No!Too cheap!」とか言われます笑

ここで折れてはいけません。運転手さんは高めの値段を設定してくるので、それよりも安い値段を伝えて交渉しましょう。最初の値段設定から下げてくれない場合は諦めて別のトゥクトゥクを探しに行くふりをしましょう。そうするとだいたい運転手さんが「OK!」と言ってくれることが多いです笑

私の場合は運転手さんがちょっとでも下げてくれたら、交渉が長引くのも面倒くさいので乗るようにしています。だいたい相場くらいの値段なら「まあいっかあ」って感じです。徹底的に戦うもよし、そこそこで切り上げるのもよし。言い値で乗るのだけはやめましょう。

革命!トゥクトゥク配車アプリの登場

ここまでトゥクトゥク交渉について書いてきましたが、毎回交渉するのも正直疲れる...。ということで私の一番のおすすめはトゥクトゥク配車アプリを使うこと」!!

現在地も行き先もアプリ上で設定し、なおかつ値段もアプリが決めてくれる。しかも街のトゥクトゥクを捕まえるよりやすい!一度使ってみたら便利すぎてやめられなくなりました。

ただしインターネット環境がないと使えません。ホテルやカフェなどWi-fi環境のあるところから是非お使いください!

PassAppとGrabの2大アプリ

シェムリアップで主流なのは「PassApp」(パサップ)と「Grab」(グラブ)の2つ。これから2つのアプリの使い方をご紹介します。まずはPassAppから。

PassAppの使い方

街にあふれる「ちっちゃなトゥクトゥク」が目印

最近シェムリアップでもよく見かけるちっちゃくて可愛いトゥクトゥク。PassAppに登録しているトゥクトゥクの多くは、下の写真のようなトゥクトゥクに乗っています。

f:id:cambodia-trip:20180803163256j:plain

このトゥクトゥクは「オートリキシャ」というインド生まれの小さな新型トゥクトゥク。最近では電動自動車化も進んでいるみたい。配車アプリもそうだけど、一見古く見えるものが技術によって新しくなるさまが私は結構好きです。

まずは登録から

①PassAppをダウンロードする

f:id:cambodia-trip:20180803163430p:plain

https://itunes.apple.com/app/id1154130899

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.multibrains.taxi.passenger.passapptaxis&hl=ja”%20target=

②電話番号かGoogleアカウントで登録を進める

f:id:cambodia-trip:20180803164049p:plain

私はGoogleアカウントで登録を進めてみました。

Googleアカウントでサインインし、プロフィール登録ページへ進む

f:id:cambodia-trip:20180803163503p:plain

④登録した電話番号のSMSにコードが送られてくるので入力し、登録完了!

早速トゥクトゥクを手配しよう

①自分の現在地(迎えに来てほしい場所)にオレンジ色のピンを立てる

f:id:cambodia-trip:20180803164339p:plain

②車の種類を選ぶ

f:id:cambodia-trip:20180803164446p:plain

タクシーかリキシャ(小さいトゥクトゥク)かオーソドックスなトゥクトゥクの3種類から選べます。値段はリキシャが一番安いです。

③+Add dropoffを押して、降ろしてもらう場所にオレンジのピンを立てる

f:id:cambodia-trip:20180803164527p:plain

f:id:cambodia-trip:20180803164555p:plain

ここを忘れると、自分で降りる場所をドライバーさんに口頭で説明しないといけなくなるので注意!

④お迎えにあとどれだけ時間がかかるか、いくらかかるかをチェックしてConfirm bookingをクリック!

f:id:cambodia-trip:20180803164620p:plain 

⑤迎えがくるのを待つ。行きたい場所に着いたら、ドライバーに表示されている金額を払う

金額はリエルで出てきますが、ドルで支払い可能です!1ドル=4000リエルなのでご注意ください。

行き先を間違えた場合はキャンセルもできるので安心です。

Grabの解説

Grabはクレジットカード払いができるのが便利!

Uberの東南アジア事業を買収し、話題になったGrab。つい最近シェムリアップにも進出しました!

Grabの特徴はクレジットカード払いができること!アプリにクレジットカードを登録しておけば、カード払いが可能です。現金なしでトゥクトゥクに乗れる時代になったことに正直びっくり。降りるときにドライバーさんにお金を払う手間が省けてスマートに乗れます。

たまにカード払いに戸惑っているドライバーさんに出会うのもまたご愛嬌。

1日チャーターも20ドルで手配できる!

Grabのもう一つの特徴は、8時間20ドルでトゥクトゥクをチャーターできるプランがあること。アンコールワット観光も、Grabで手配できちゃいます。私は急遽アンコールワット観光をすることになった際、当日の朝5時頃にGrabでドライバーさんを探し5分で見つけた経験がありますw 普通だったら見つからないらしいのでめちゃくちゃ便利ですよね〜

観光中はGrabから支給されたレコーダーを使ってドライバーさんとコンタクトが取れるので安心!アンコールワット〜アンコールトム〜タプローム〜バンテアイクデイ、と周り、家の近くまで送り届けてもらいました。 

早速登録方法から解説!

①Grabのアプリをダウンロード

https://itunes.apple.com/us/app/grab-ride-hailing-app/id647268330?mt=8

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.grabtaxi.passenger&hl=ja

Facebook, Googleアカウント,電話番号から選んで登録

f:id:cambodia-trip:20180803164759p:plain

今回私はGoogleアカウント経由で登録しました。Facebookと紐付けると簡単に登録が済むのでこちらもオススメです!

Googleアカウントでログインし、電話番号を入力

 

f:id:cambodia-trip:20180803164935p:plain

④登録した番号宛にSMSがくるので、コードを入力して登録完了!

クレジットカード払いをしたい場合は...

①画面左上の人のようなマークをクリック

f:id:cambodia-trip:20180803165238p:plain

②GrabPayをクリック

③+ADD CREDIT / DEBIT CARDからカード番号などを登録

f:id:cambodia-trip:20180803165319p:plain

トゥクトゥクに限らず、お店などでもGrab Payが使えるように!

早速トゥクトゥクを手配しよう

①アプリを起動して出てくる地図で、現在地(迎えに来てほしい場所)にピンを立てる

f:id:cambodia-trip:20180803165353p:plain

②行きたい場所を入力し、設定

f:id:cambodia-trip:20180803165436p:plain

③車の絵が書いてある白い部分をクリックし、Economy(通常利用)かRental(チャーター)か、タクシーかトゥクトゥクかを選びます。

f:id:cambodia-trip:20180803165613p:plain

  • Just Grab:タクシー
  • GrabRemorque:トゥクトゥク
  • GrabRentCar:タクシー8時間チャーター,35ドル
  • GrabRentRemorque:トゥクトゥク8時間チャーター,20ドル

④クレジットカード払いの場合はCashとある部分をクリックし、Credit cardに変更

f:id:cambodia-trip:20180803165535p:plain

⑤緑色のBookボタンを押し、周囲のドライバーとのマッチングを開始

マッチングが成立すると、ドライバーさんの名前・電話番号・評価(星5つなど)が送られてきます。評価が悪い場合はキャンセルもOK。

トゥクトゥクに乗り、目的地に着いたら「無事に着きました」ボタンを押して表示された金額を払う

金額はこちらもリエルで表示されますが、ドル払いでオーケーです。

クレジットカード払いの場合はその旨をドライバーさんに伝え、降りて終了!

PassAppもGrabも値段交渉なし、目的地・迎えの場所を自動で設定できるところが本当に便利。シェムリアップ旅行の際は、ぜひ登録して使ってみてください。

ブログランキングに参加中です。クリックお願いいたします!

 

にほんブログ村 旅行ブログ カンボジア旅行へ
にほんブログ村